プログラム

岩手の看護の質!開来「教育と臨床の融合」
日 時:2017年10月7日(土)9:30~16:00(9:00 開場)
会 場:岩手県立大学 講堂 共通講義棟
会 長:松浦 眞喜子(岩手県立中央病院)

9:30~10:15 会 長 講 演 (講堂)

DiNQL データを活用した看護ケアの質評価と改善
-看護実践をデータ化し、スタッフのやる気を高める-
会長 松浦 眞喜子(岩手県立中央病院 看護部長)
座長 福島 裕子 (岩手県立大学看護学部)

10:30~12:00 特 別 講 演 (講堂)

データが拓く看護の未来 -DiNQL 事業による看護の可視化-
講師 岩澤 由子(公益社団法人日本看護協会)
座長 松浦 眞喜子(岩手県立中央病院 看護部長)

12:00~12:30 総 会 (講堂)

12:10~13:30 学生企画「スイーツセミナー」 (共通講義棟301講義室)

岩手県内の病院紹介
・奥州市総合水沢病院
・独立行政法人国立病院機構 盛岡病院
・社会福祉法人恩賜財団 岩手県済生会 岩泉病院
・特定医療法人 博愛会 一関病院
・岩手県医療局(沿岸地区の岩手県立病院について)

看護職紹介
・菊池 尚子 (助産師)盛岡赤十字病院
・金子 由香利 (認知症看護認定看護師)岩手医科大学附属病院
・駒ヶ嶺 美春 (Nurse Practioner)北上済生会病院
・荒谷 亜紀子 (特定行為)岩手県立一戸病院
・寺口 恵 (小児看護専門看護師)岩手県立中央病院

※看護学生さんのための、おやつ付きセミナーです。ご持参のお弁当等を食べながらご参加いただけます。会場は講堂出口付近の階段を3階まで登った先にあり、移動時間は3〜4分程度かかります。おやつの数に限りがありますので可能な限り事前に参加人数を担当者までご連絡ください(詳しくは各学校さん宛ての送付済みの案内をご覧ください。)

13:20~14:20 一般演題発表

第1群: 看護の質 (第1会場:201講義室)
第2群: 臨床実践A 老年看護など (第2会場:205講義室)
第3群: 臨床実践B 成人看護・家族看護 (第3会場:206講義室)
第4群: 臨床実践C 退院支援・在宅看護など (第4会場:207講義室)
第5群: 人生の最終段階における看護など (第5会場:305講義室)
第6群: 基礎教育・看護学生 (第6会場:306講義室)
第7群: 実習指導・看護師 (第7会場:307講義室)

プログラムの詳細はこちらからダウンロードしてください。

14:30~16:00 シンポジウム (講堂)

次世代を担う医療人の育成-教育者と臨床家の融合-

座長
奥寺 三枝子 (公益社団法人岩手県看護協会 副会長)
出口 育美 (岩手医科大学附属病院 副看護部長)

話題提供者
武田 利明 (岩手県立大学看護学部)
岡田 千枝 (岩手県立二戸高等看護学院)
佐藤 奈美枝 (岩手医科大学附属病院)
菊地 共子 (岩手県立宮古病院)

以上、敬称略

プログラムの詳細はこちらからダウンロードしてください。

 

クリックするとPDFファイルを開きます。

Copyright(c) 2017 岩手看護学会 All Rights Reserved.