プログラム

開場・受付開始 9:00〜

会 長 講 演 9:30~10:15(講 堂)

「本邦の看護教育におけるシミュレーション教育の現状」
座 長 平野 昭彦(岩手県立大学看護学部 教授)
会 長 高橋 和眞 (岩手県立大学看護学部 教授)

 

特 別 講 演 10:30~12:00(講 堂)

「新人看護職員臨床研修プログラムの実際と効果」
座 長 高橋 和眞(岩手県立大学看護学部 教授)
演 者 大柴 幸子 (自治医科大学附属病院看護部 看護部長)「新人看護職員研修プログラムの総論」
    亀田 美智子(自治医科大学附属病院看護部 副看護部長)「新人看護職員研修プログラムの効果と課題」

 

総 会 12:00~12:30(講 堂)

 

シンポジウム 13:00~14:25(講 堂)

「一貫した卒前・卒後教育のあり方を考える」
座 長
遠藤 恵(奥州市総合水沢病院看護部 看護部長)
武田 利明(岩手県立大学看護学部 看護学部長)

シンポジスト
工藤 真由美(岩手県立大学看護学部 准教授)「看護基礎教育の現状」
岡田 千枝(岩手県立二戸高等看護学院 副学院長)「臨床現場につながる教育の実際」
笠寺 容子(岩手県立中央病院看護部 看護部次長)「新人看護職員教育の実際」
舘林 淑子(岩手医科大学附属病院看護部 教育師長)「新人看護職員教育の指導者育成」

 

一般演題発表 14:35~16:00

第1群:生活行動支援    (第1会場:205講義室)
第2群:感染予防・環境調整 (第2会場:206講義室)
第3群:学生指導・継続教育 (第3会場:207講義室)
第4群:継続看護      (第1会場:205講義室)
第5群:母性看護・小児看護 (第2会場:206講義室)
第6群:有害事象対策    (第3会場:207講義室)

 

一般演題

第1群:生活行動支援 14:35~15:15 (第1会場:205講義室)
座長 三浦 幸枝(岩手医科大学看護学部)

1.はちみつレモン水を用いた口腔ケアによる舌苔除去・保湿の効果
○菅原 愛(岩手県立磐井病院)

2.一般病棟に勤務する看護師の認知症高齢者へ実施する口腔ケアのあり方
○齋藤 花菜(岩手県立中央病院),渡辺 幸枝,小嶋 美沙子(岩手県立大学)

3.脳梗塞患者への看護師が行う病棟内リハビリテーションの効果
○金田 美雪(岩手県立磐井病院)

4.認知症を有する頸椎骨折患者の排尿自立確立に対する排尿自立指導の考察
○田子 陽子(岩手県立中央病院)

 

第2群:感染予防・環境調整 14:35~15:15 (第2会場:206講義室)
座長 菖蒲澤 幸子 (日本赤十字秋田看護大学)

5.おむつ交換を伴う陰部洗浄時の個人防護具(PPE)の着脱とそれに伴う清潔操作の実態
○安藤 みなみ(岩手医科大学附属病院),井上 都之(岩手県立大学)

6.外来化学療法患者に対する感染予防のための環境改善
○八重樫 香織(岩手県立宮古病院)

7.A病院におけるCOPD患者の増悪因子の実態調査と今後の課題
○三浦 真弓,菊池 理子,照井 千秋(盛岡つなぎ温泉病院)

8.病棟看護師の手背の皮膚角質水分量の夏季と冬季の比較
○朴澤 千春(奥州市総合水沢病院)

 

第3群:学生指導・継続教育 14:35~15:15 (第3会場:207講義室)
座長 畠山 なを子(前弘前学院大学)

9.看護学生の実習受け持ち対象としての経験が患者に及ぼす影響
○舩山 さつき(東北中央病院),高橋 有里(岩手県立大学)

10.看護学実習における実習指導委員と病棟看護師との指導行動評価の比較
○戸舘 聡子(岩手県立中央病院)

11.新人看護師の首尾一貫感覚(SOC)の実態
○児玉 悠希(日本赤十字秋田看護大学)

12.岩手県医療系3大学合同多職種連携シミュレーションプログラムの試み
○三浦 奈都子,遠藤 良仁(岩手県立大学),
相澤 純,小坂 未来,小松 恵(岩手医科大学),木内 千晶(岩手保健医療大学)

 

第4群:継続看護 15:25~16:05  (第1会場:205講義室)
座長 菊池 和子 (岩手保健医療大学)

13.腹腔鏡下手術と開腹手術の術当日の身体的苦痛の比較
○刀澤 友香(岩手県立磐井病院)

14.継続的な在宅支援を目指す外来患者情報シートの有用性
○吉田 千秋,小野寺 晴美(奥州市総合水沢病院)

15.看護大学生の終末期がん告知に対する認識と死生観との関連
○及川 美雪(岩手県立胆沢病院),鈴木 美代子(岩手県立大学)

16一般病棟で働く看護師のその人らしさを大切にしたエンゼルケアの実態
○髙橋 なつみ(岩手医科大学附属病院),鈴木 美代子(岩手県立大学)

 

第5群:母性看護・小児看護 15:25~15:55  (第2会場:206講義室)
座長 アンガホッファ 司寿子 (岩手県立大学)

17.家庭訪問指導時の看護職の関わりによる母親の変容
○吉田 望愛(前岩手県立大学),大久保 牧子(岩手県立大学)

18.小児科外来で患児の採血・点滴処置を待つ母親の不安
○佐々木 美佳(岩手県立中央病院)

19.小児看護学実習において実習事前アンケートと実習後の振り返りが実習指導者に与える影響
○脇坂 かおり,菅原 唯希,竹花 知恵子(北上済生会病院)

 

第6群:有害事象対策 15:25~15:55 (第3会場:207講義室)
座長 石井 真紀子(岩手保健医療大学)

20.がん化学療法患者の味覚変化と食事摂取への影響
○及川 花菜(奥州市総合水沢病院)

21.体温が下肢褥瘡に及ぼす影響に関するマウスを用いた実験的研究
○保坂 玲菜(前岩手県立大学),三浦 奈都子,武田 利明(岩手県立大学)

22.体温が圧迫創に及ぼす影響に関するマウスを用いた実験的研究
○山下 滉平(前岩手県立大学),三浦 奈都子,武田 利明(岩手県立大学)

Copyright(c) 2018 岩手看護学会 All Rights Reserved.